あひる家
ニーハオ!高雄のゲストハウス『あひる家』で~す。

高雄に住むこと10数年。
高雄に住んでいるといろいろと信じられないことが起きます。

私の身(周りも含む)に起きたことを備忘記録も兼ねて
紹介している「高雄あるある」シリーズ。

今回は自宅前の駐停車禁止の赤線が塗り替えられるという出来事、いや事件に遭遇しました(笑)

前提知識

赤 線 ・・・ 駐停車禁止という意味

黄色線 ・・・ 駐車禁止という意味

家の前の駐停車禁止の線が塗り替えられた・・・

あひる家から目と鼻の先にある私の自宅。

六合夜市から近いということもあって、家の前にちょこちょこ路駐される。
たまーに変な止め方をされてバイクが敷地内に止められなく、困るときがある。

ただ、自宅前は駐車禁止の赤線が引いてあるので、
日中、車を止められることはほとんどない。

止める車あり

申し訳なさそうに止める車あり

堂々と止める車あり

2017年1月22日の朝

2017年1月22日の朝、出勤するために外に出ると、
家の前の赤線がな・な・なんと白線に変わってる…

白線

これじゃ今後、家の前に車止められちゃって困るなぁ~と思ったのも一瞬…

塗り方があまりに雑・・・

雑すぎる・・・

そもそも台湾に白線なんてない・・・

確認のため市役所に電話

即、市役所に電話して確認すると、行政の方では白線にしてないという・・・

とどのつまり、どっかの不届き者が勝手に
白いペンキで塗ったってことになる・・・

何のために?
何かうちらに恨みでも?

こんなことするのはよほど変な奴に違いないから
見つけたら、『しばく』とか威勢のいいこと言えない…

監視カメラの設置を検討中

薄気味悪いから監視カメラつけないといけないのかなぁ~

今回ばかりは台湾あるあるの許容範囲を越えちゃいました。
これはなしでしょ(笑)

その後

赤線から白線に変わっった1月22日に市役所に電話をしたところ、すぐに赤線に塗りなおしに来るとのことだったのだが
1ヶ月経っても我が家の前は白線のままでした・・・

その後、たらい回しに遭いながら電話を掛け続けたところようやく元の赤線に戻りましたw

白線の上から塗られたことがわかるw

ふぅ~

この記事が気に入ったら
いいねを押しちゃおう

あひる家の最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事