あひる家

ダージャーハオ!高雄のゲストハウス『あひる家』で~す。

今回は高雄を観光する際の移動手段のご紹介。

高雄観光の交通手段としては①地下鉄(MRT)を基本に
②レンタル自転車、③タクシー、④バス(市内バス)を利用することになります。

ちょっと高雄の近郊へお出かけするときには⑤鉄道(台鐵)や⑥バス(中長距離))で

⑦新幹線を利用して日帰りで台北へ行く人なんかも

他にも最新の交通手段として、観光都市を目指す高雄が満を持して導入した⑧路面電車(LRT)もあります。

これらの交通手段を参考に高雄滞在をご楽しみください。

地下鉄(MRT)

高雄の地下鉄(以下「MRT」)の路線は市街地を南北に走る紅線(レッドライン)と東西に走る橘線(オレンジライン)の二本のみ。

他の重要交通手段である空港、台鐵(鉄道)、高鐵(台湾新幹線)の駅とも直結しており、高雄観光ではこの「MRT」が中心となるため、
下調べをする際は訪れる観光地の最寄り駅がどこかを調べる必要がある。

あひ郎
あひる家は南北東西が交わる美麗島駅から徒歩2分と最高の立地にあるんだ。

あひ子
どこに行くにも乗り換えいらずなのよ

主要観光スポット
高雄國際機場  駁二特區  西子灣  高雄火車站(台鐵)  左營(高鐵)  大東
「地下鉄(MRT)」利用時のポイント&注意事項
・iPASS(一卡通)というカードを使うとお得
・地下鉄(MRT)内は飲食禁止
関連記事
[(近日公開予定)地下鉄の乗り方及び地下鉄に乗る際の注意事項]

レンタル自転車(C-bike)

C-BIKEの写真

歩くよりも断然、楽で早い自転車。

(店を構えたレンタル自転車もあるのですが、)高雄には「C-bike」という呼ばれるレンタル自転車サービスがあり、高雄の主要な観光スポットはもちろん、街中の色々な所にステーション(自転車乗降場所)があり、とても便利。

主要観光スポット
三鳳宮  歷史博物館  保安堂
「レンタル自転車(C-bike)」利用時のポイント&注意事項
・クレジットカードが必要
・30分無料
・返却時にも手続きが必要
・自転車をブレーキや空気のチェックを忘れずに!!
関連記事

現在高雄では西子湾・旗津エリア以外で、「C-bike」を利用している人を見かけることは(ほぼ)ありません。
高雄でレンタル自転車を借りたい場合は↓↓↓のブログを参考にしてみてください。

タクシー

圧倒的な便利さ、スピードを誇るタクシー。
初乗り85元(約300円)と日本に比べ料金もリーゾナブルなので、暑くて歩くのが辛いときや日や道に迷ってしまったら遠慮なく使ってしまいましょう!!

ただ、運転が荒いタクシーに遭遇することが多いので注意が必要。

あひ子
あひる家がいつもお世話になっているタクシーの運転手さん(陳さん)がいます。いつも安全運転で信頼できる方なので、紹介が必要な場合は受付スタッフに声を掛けてね。

主要観光スポット
蓮池潭  小琉球(東港)  高雄國際機場
「タクシー」利用時のポイント&注意事項
・台湾のタクシーは黄色
・行き先を伝える際は漢字や住所などを書いたメモを見せる
(・行き先を伝える際はグーグルマップを見せる)
・動き始めて少し立ってからメーターを押す運転手がいるので、ちょい待つ
・運転が荒いときは「スロースロー」と大きな声で主張する

バス

バスは高雄市内を走る「市バス」と高雄近郊へ行く時利用する「中距離バス」の2種類に分けられる。

市バス

高雄市内を巡回するバスで、主に高雄市民が利用。
観光客には難易度が高いのであまりオススメできない。まずは他の交通手段を考え、他に行く方法がない場合のみ市バスを使うという利用方法でいいと思う。

高雄市内の観光地では澄清湖へ行く時以外は特に利用することはないと思う。

主要観光スポット
澄清湖  蓮池潭
「市バス」利用時のポイント&注意事項
・料金は前払い
・iPASS(一卡通)というカードを使うと便利
・バス停で待っているだけでは止まってくれない。

中長距離バス

大人気観光スポット、墾丁や小琉球といった高雄郊外に行く際は中長距離バスを利用することになる。

あひる家から徒歩10分くらいにある台鉄駅(高雄火車站)前にバス乗り場の一帯があるのだが、
あひる家の下まで来てくれるバスもある。

あひ郎
郊外へ行くとき、どのバスに乗ればいいのかわからない場合はあひる家スタッフに聞くのが早いよ

主要観光スポット
東港(小琉球)  墾丁  美濃  旗山  佛光山
「中長距離バス」利用時のポイント&注意事項
・料金は前払い
・降りる場所を予め運転手にアピールする
・バスの中にトイレがないことが多いので、乗車前に用を足す

鉄道(台鐵)

台湾の国営鉄道である台湾鉄道(Taiwan Railway)「通称:台鐵」。台湾を一周することができる交通手段。
台湾の鉄道は自強、莒光、區間(左から日本でいう急行・快速・各停)に分かれ、それぞれ料金が異なるので注意が必要。
あひる家から台南や屏東、敷いては台東へ日帰りで行く旅行者も多く、特に台東↔高雄間は風光明媚な景色が見られ、多くの鉄道ファンが利用する。

尚、台南には35分~60分
屏東には30分
台東には2時間半かかります。

主要観光スポット
台南  屏東  池上文庫  枋寮  台東
「鉄道(台鐵)」利用時のポイント&注意事項
・窓口で切符を買えば、一番早く着く電車の切符をくれる
・車内は冷房が強いことが多いので羽織るものを一枚持参しておいた方がいい

新幹線(高鐵)

created by dji camera

台湾の西部を南北に縦断する台湾新幹線(高鐵)。日本の技術を導入している台湾版新幹線は高雄から台北まで1時間半~2時間で行くことでき、外国人限定の3日フリーパスという新幹線乗り放題のチケットを利用し、日帰りで台北を訪れる人もいる。

主要観光スポット
台北  台中
「新幹線(高鐵))」利用時のワンポイントアドバイス
・高雄(左營)は始発なので自由席でも座れる
・グリーン車(商務)に乗ってみる価値あり
・駅の券売機で現金で購入するとおつりが小銭(50元)で出てきてしまう

路面電車(LRT)

2017年に開通したばかりの路面電車(以下、「LRT」)。LRTはスペインの車両の技術を導入したトラムで、各駅で充電するので、架線がないのが特徴。
元々東西と南北に走っている地下鉄(MRT)を補完するように環状線として建設を計画していたのだが、政治的影響で一部が開通した後、工事がストップしている(2020年現在)。

主要観光スポット
駁二芸術特区  夢時代  西子灣  打狗鉄道故事館
路面電車(LRT)利用時のワンポイントアドバイス
・iPASS(一卡通)というカードを使うとお得
・乗降時、運賃の支払い(無賃乗車)に注意が必要
・乗降時、ドアを自分で開けなければならない

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねを押しちゃおう

あひる家の最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事